CGmain のコピー.jpg
CGmain のコピー.jpg

現地の歴史的な建築要素に倣い、未来へとつなげる​メゾネット型の集合住宅

Floating duplex apartments

MARISSA DUPLEX APARTMENTS

 サウジアラビア・ダーランの一角に、高所得者向けのメゾネット型集合住宅とジムや多目的ホールなど付属施設の計画である。周辺の画一的な街並みから差異ある住まい方を計画し、発展途上な国におけるこれからの建築文化発展に寄与する建築を目指している。

 建物ボリュームは住戸群を敷地境界に並行に配置するのではなく、約45℃回転させて配置することにした。これにより、隣地もしくは道路向かいの建物と対面しない上に十分な距離感を確保できる。メゾネット型の住戸ユニットは上限間でフロアをずらし、奥行き感のあるユニットとし、それの積み方を工夫することで6.4mの大胆な片持ちとする一方で全体として構造安定性と開放性を実現する。結果的に各住戸ユニットに独立性が生まれ、全体の印象として浮遊感を与えている。

 この住戸群の中央を貫通するように、歴史的なイスラム建築の構成要素の一つであるイーワーンに倣い、半外部の大空間であるオープンヴォイドを計画した。ここには緑が計画され風や光が通るため、1階は庭園のようなオープンロビー、2階は遊歩道のようなバルコニーとなる。4階のフロアボリュームがこのオープンな1階、2階の庇としての役割を持ち、雨量の多い気候に対応している。オープンヴォイド上部の天窓は光の取り入れや排熱など独特な気候状況に対応する計画としている。

   In this project, we aim to plan a way of living that differs from the uniform cityscape of the surrounding area for high-income people, and realize a state-of-the-art architectural culture in line with future cultural development. For the building volume, instead of arranging the duplex room units in parallel with the site boundary, we decided to rotate them by about 45 degree. As a result, it is not necessary to face the neighboring land or the building opposite the road, and a sufficient sense of distance can be secured. The duplex roo units shift the floor between the upper limits to create a unit with a sense of depth, and by devising the way of stacking it, a bold cantilever of 6.4 m is realized while structural stability and openness as a whole. Secure. As a result, independence is realized in each room unit, giving a floating impression as an overall impression.       The open void, a large external space covering with roof, was planned to penetrate the center of these room units, following Iwan, one of the constituent elements of historical Islamic architecture. Because greenery is planned here and the wind and light pass through, the first floor will be an open lobby like a garden, and the second floor will be a balcony like a promenade. The floor volume on the 4th floor serves as the eaves for the open 1st and 2nd floors, and is suitable for a lot of rainfall. The skylight above the open void is planned to handle unique climate conditions such as light intake and ventilate heat.

計画地:サウジアラビア・ダーラン

主要用途:集合住宅

構造 / 規模:鉄筋コンクリート 地上4階建て

建物最高高さ:15.95m

敷地面積:4,569.00 ㎡

建築面積:1,090.56 ㎡

延床面積:4,446.00 ㎡

Location:Dhahran, Saudi Arabia

Main use:Duplex apartments, Gym, Multiple hall, Kids space

Structure / scale:Reinforced concrete structure  / 4 floor

The highest height:   15.95m

Site area         :  4,569.00 ㎡

Building area  : 1,090.56

Total floor area: 4,446.00

IMG_4582 のコピー.jpg
cgD のコピー.jpg
cgb01 のコピー.jpg
cgc.jpg

If you want to understand the detail like the system or  process of this project,

we would like you to check our Instagram named "merastagram". We often update it.

  • Instagramの - ブラックサークル